クレジットカードを紛失してしまい代用カードが必要になったら


クレジットカードの紛失

クレジットカードを紛失してしまい、急遽、代用のクレジットカードが必要となる場合もあるでしょう。


防犯の意味もあり、クレジットカードの再発行には意外と時間がかかります。2〜3週間は必要と考えておくと良いでしょう。




クレジットカードを紛失してしまったら、何よりまずクレジットカード会社に連絡して、利用停止にしてもらうことが重要です。まず、紛失したカードの利用停止手続きを行った後で、新カード・代用カードの発行に動いてください。

カードを紛失してしまった時の流れ


クレジットカードを紛失してしまった時の流れは次の通りです。

カード会社に連絡して、クレジットカードの機能を停止させる
警察に紛失届(盗難届)を出す
再発行を待てなければ代用カードを考慮する

まず第一にカード会社に連絡

クレジットカードを紛失してしまったら、気が付いた時点で即、カード会社に連絡してください。カード会社では、紛失時などに備えて、365日24時間体制で連絡を受け付ける専用のコールセンターを用意しています。


緊急時の連絡先は、クレジットカードの裏に記載されているのですが、カードを紛失してしまうと、その電話番号も分からなくなってしまいます。カードを受け取った際に、スマホのカメラで撮影するなどして、記録を残しておくことをおすすめします。


そうした記録を残していない場合は、インターネットでも調べることが可能です。落ち着いて対応しましょう。


カード会社では、紛失の連絡を受けると、即座にそのクレジットカードの機能を停止させ、利用不可能にします。同時に再発行の手続きをすることが多いのですが、再発行までには2〜3週間はかかり、カードの番号も新しいものへと変わります。公共料金をクレジットカードで支払っている場合は、そちらの変更手続きも必要になってきます。

次に警察に紛失届(盗難届)を出す

クレジットカード会社への連絡を済ませたら、次に最寄りの交番か警察署へ行き、紛失届(盗難届)を出します。気が付いたのが夜間であれば翌日でかまいませんので、なるべく早く行くようにしましょう。


警察に紛失届(盗難届)を出す理由は、届出が紛失(盗難)の証明になるからです。万が一、紛失したクレジットカードを第三者に不正利用された際など、警察に紛失届(盗難届)を出していないと、被害額を支払わなければいけなくなる可能性が生じてしまいます。


クレジットカードを紛失した時に一番気がかりなのは、第三者に拾われて不正利用されてしまうのではないか、ということでしょう。カード会社は、こうした紛失時に備えて、紛失届(盗難届)を出した日から、60日前にさかのぼって損害額を補償する制度をとっています。


警察への紛失届(盗難届)を提出すると、警察から証明書を受け取ります。カード会社へ補償の手続きをする際に、この証明証が必要になってきます。証明書の日付が、カード会社の補償制度で60日前を算出する起算日となります。

再発行を待てなければ代用カードを考慮する

海外旅行の直前に、クレジットカードを紛失してしまった、という場合などは、紛失してしまったカードに代わる新しいクレジットカードの取得を考慮することになります。


カード会社に紛失の連絡をした際に、再発行までの大凡の時間は教えてくれますが、多くの場合2〜3週間は必要となります。


当サイトで紹介している、即日発行カードは、こうした緊急事態の際の代用カードとしても役に立つものです。お困りの際は、検討してみてください。

もし海外旅行中にクレジットカードを紛失してしまったら

海外旅行中にクレジットカードを紛失してしまった場合も、基本的に、対応の流れは同じです。まずは、とにかく日本のクレジットカード会社の盗難・紛失コールセンターに電話をする必要があります。


海外から日本に電話をかける際には、国番号(+81)の入力が必要になります。できれば、旅行前にクレジットカード会社の盗難・紛失コールセンターの番号を、スマートフォンに登録しておくことをおすすめします。スマートフォンから登録番号に電話する際は、自動的に国番号が付加されて発信されますので、スムーズに連絡することができます。


その後に、現地の警察に届け出て、遺失に関する証明書を発行してもらいます。現地の言葉でないと通じないこともあると思いますので、ハードルは若干高くなりますが、スマートフォンで自動翻訳サイトを参照するなどで対応していくと良いと思います。


どうしても現地の警察とコミュニケーションが取れない場合については、推奨はできませんが、そのカードを海外旅行中に直前まで使用しているということなら、カード会社の補償制度(60日前にさかのぼって損害額を補償)が適用されることは確実なので、現地警察への手続きは行わないまま済ませるという手も無くはないです。ですが、繰り返しますが、推奨はできません。

参考:主要なクレジットカードの緊急用コールセンター

三井住友VISA 0120-919-456
JCB 0120-794-082
MUFG 0120-107-542
アメリカン・エキスプレス 0120-020-120
ダイナース 0120-074-024
楽天カード 0120-866-910
オリックス 0120-00-0926
シティカード 045-330-6900
UCカード 03-6688-7669
セゾンカード 0570-064-107
ライフカード 0120-225-331
オリコカード 0120-828-013
ジャックスカード03-6758-0808
セブンカード 0422-71-7704(東京)06-6945-6678(大阪)011-281-1337(札幌)
DCカード 0120-664-476
NICOSカード 0120-159-674

SBIカード03-4330-0507
イオンカード 0570-079-110


即日発行が可能で、年会費も無料のクレジットカードを紹介しています。詳しくはTOPページをご覧ください。関連情報などは随時追加しています。